子供の矯正治療

早期から矯正治療を開始することにより、その後の成長・発育への悪影響を予防することができます。

永久歯列において、歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなります。

矯正治療を開始する年齢は前歯の生え変わった頃(小学校1〜3年生ごろ)が最適です。

小児の矯正治療